無料ブログはココログ

初冬の写真を 掲載します

  前回の投稿から一ヶ月もたってしまった 最近はココログの仲間も減ってしまったのでは無いでしょうか
少し最近の写真を見て下さい。

Dsc_3085
それは突然始まった旅でした ここは北アルプスの上高地へ向かう道路です
この道は高山市へ続く道路でもあります
そして向かった先は何と合掌造りの村白川郷である
Dsc_3094


Dsc_3113_20201108083401


Dsc_3107
松本市まで所用で来ていたのだが相棒が何を思いだしたか突然白川郷へ久し振りに行きたいと言い出して
コース変更 時間はすでに昼に近い時間だったが私には反対する理由は無かった

そしてここまで来たのだから隣の五箇山の里にもと向かう

Dsc_3123


Dsc_3125


Dsc_3127


Dsc_3126


Dsc_3128 
赤いポストがやけに目立つ

Dsc_3131


Dsc_3136

突然の発想の旅なので夕方になってしまい合掌造りの家の障子の影にはボンヤリと灯りが

Dsc_3117


Dsc_3114 
そして夜遅くに帰って来たのですが途中は雨降りでした 次の朝起きて中央アルプスを望むと 山は雪化粧
Dsc_3144


Dsc_3148


Dsc_3146
そして最近の信濃路は紅葉が進みました

Dsc_3159


Dsc_3161

 

Dsc_3169


Dsc_3171


Dsc_3175

明治の頃 京都から苗を仕入れて  植えたと言う紅葉が真っ赤な茅野市の長円寺
そして次は朝LINEできょうは暇ですか?
当然 暇人ですよと返事 出掛けました南の方へ
Dsc_3183


Dsc_3179

途中の山沿いの部落で見えたイチョウの紅葉 そして向かった先は 我々の住んでる伊那谷が見える山の頂上
Dsc_3187


Dsc_3189


Dsc_3212


Dsc_3224
遠くには雪化粧した北アルプスの白い山脈が

Dsc_3206


Dsc_3205

そして隣町の全国一位に選ばれた 紅葉湖へ
Dsc_3269


Dsc_3264


Dsc_3263


Dsc_3270


Dscpdc_0000_burst20201104112710558


Dscpdc_0000_burst20201104112043196


Dscpdc_0000_burst20201104112459106


Dscpdc_0000_burst20201104112359189

数年前に旅立ってしまった高校時代からの親友の命日のお墓参りに行き
その近くにあるイチョウの紅葉も進んでいました

Dsc_3279


Dsc_3276
そして そのイチョウの紅葉の下には
Dsc_3282
銀杏が一杯落ちていましたが誰も?拾っては行かない・行けないか?・・・ 

きょうは外は冷たい雨がショボショボ降っています まもなく里にも白いモノが来るかな
皆さんも体調に気をつけて風邪など引かないように注意しながら頑張ってください

 

 

2020年10月 8日 (木)

気まぐれ日記

令和2年10月8日 (木)
台風14号が接近で雨降りです 稲作も収穫が終わり新米を頂いていますので
今日は農休み 少し写真を掲載したい

Dsc_3046
昨日の朝 東のそらに浮かんだ鰯雲

Dsc_3040


Dsc_2955


Dsc_3044


Dsc_3041


Dsc_2807


Dsc_2734


Dsc_2735


Dsc_2737


Dsc_2738


Dsc_2751
今年の彼岸花は早く咲き出した所と遅れているところがありました
毎年同じお寺さんへ出掛けて彼岸花を撮影していたのですが
新聞で1カ所・テレビ放送で1カ所新しい所を探して出掛けて何枚か撮影したのを載せました

アサギマダラの渡り蝶も追っかけをしました このアサギマダラは落ち着きの無い
チョウチョなので写真撮影泣かせなのですが

Dsc_2949


Dsc_2951


Dsc_2952


Dsc_2954


Dsc_2774
コロナウイルス感染騒ぎで自粛モードでしたが 息抜きに想い出の地を訪ねる機会があり出掛けました

Dsc_2583


Dsc_2601


Dsc_2637


Dsc_2612_20201008112201

ここは数年前に紅葉の真っ盛りの日に噴火して多数の犠牲者を出した木曽御嶽山 です
あの日私は病院のベッドで手術して入院中でしたが多くの方が心配してくれました。
ご冥福をお祈りします。

写真の左側に大きく崩れた(崩落)のは昭和58年の地震によるものです

Dsc_2609
こんな仲睦まじい姿が御嶽山を眺めている姿がありました  案山子のばぁばと孫っち?

Dsc_2607

最後に赤そばを
最近この地区では赤そばの栽培地が多くなりました。

Dsc_3051


Dsc_3057

(付録)
きょうの山からの贈り物です 

Dsc_0001
朝晩冷えて来ましたが皆さん身体に気をつけてお過ごしください。

2020年8月 8日 (土)

立秋を迎えて

2020年8月8日

異常気象で長かった梅雨も明けてくれ真夏の太陽が顔を出してくれましたが早くも
暦の上では立秋を迎えてしまいました。大変ご無沙汰してしまいましたが少し写真を
貼り付けますので覗いて見て下さい。

Dsc_0107_1

Dsc_0109

Dsc_0111

Dsc_0112

Dsc_0116

国蝶(こくちょう)になっているオオムラサキが我が家を訪問してくれました。
ちょうどカメラもスマホも持ち合わせなくて車へ取りに行って来る間待って
いてくれました。
アサギマダラ蝶は落ち着きが無く撮影しにくいがオオムラサキはゆっくりと
移動してくれたがカメラを探している間もここにいたらしくすぐに空へと
飛んでいってしまいました。

カサブランカが咲きました

Dsc_0130

Dsc_0129

Dsc_0125

霧ヶ峰へニッコウキスゲを見に行きたかったが何しろ悪天候が続き行く機会が得られず
少しの合間をみて飛び出しましたが

Dsc_0140
霧ヶ峰のシンボル? 車山の気象設備

Dsc_2112

Dsc_2108

Dsc_2103

Dsc_0154

Dsc_2105

Dsc_2106

帰り道通常の道路から少し遠回りして高台から望む諏訪湖 この諏訪湖からは
天竜川が静岡県へ流れ出します。

Dsc_2115

Dsc_2114
その又帰り道には

Dsc_0187

Dsc_0191

蓮の花の咲くところがあり寄り道

Dsc_0040_2

我が家の裏山へ出た虹


 

 

2020年6月30日 (火)

梅雨の中休みに紫陽花を

2020年6月30日
今年も早くも折り返しとなってしまいました。
きょうは外は雨降りです ニュース番組では九州地方・四国方面は大雨注意と伝えていますが気をつけて下さい。昨日久々に天気も良かったのでウズウズしていた紫陽花寺に出掛けました。毎年この時期になるとついつい出掛けてしまう紫陽花寺なのです。

Dsc_2045


Dsc_2062


Dsc_2053 
ここは伊那市内にある200種2500本植わる紫陽花寺なのです。平日ならば観に来る人も
少ないかなと思って出掛けたのですがすでに数多い車が駐車していました。


Dsc_2046



  Dsc_2066


Dsc_2070

広い裏山に綺麗に咲き誇っていました 車の数は多かったが広い境内なので人影は
まばらで撮影の邪魔にはならない 大きな杉林の中なので少し日陰になる

Dsc_2073


Dsc_2072


Dsc_2071


Dsc_2076
梅雨の合間の日なので本堂も青空に映える日でした。


Dsc_2043

蓮の花も綺麗な姿を見せてくれました。

 

2020年6月13日 (土)

脳の活性化の為に???

 2020年6月13日

信州も先日梅雨入りとなりました。
それまでは雨らしい雨も降らず毎日野菜や花へジョウロでの水やりの毎日でした。
今朝の庭先での1枚

Dsc_2033

梅雨入りの前日下伊那に住む妹の家に我が家で収穫した小梅を届けに行き、
その帰り道に気になっていたところへ行ってしまいました。

Dsc_1992


Dsc_1981


Dsc_1991

毎年訪れているポピーの畑です(休耕田)かな 棚田になっているのだが
少しカメラの位置を変えると平らに見え段差には見えない

そして気になっているが今年はコロナウイルス感染の状況の為に何の情報も無い
高原へ足を向けて細い曲がりくねった山道を密かな期待を込めてひたすら向かう

Dsc_1997


Dsc_2013


Dsc_2014


Dsc_1993


Dsc_2001

ひたすら登ったそこには咲いていました

レンゲツツジの群生地です。しかしながら自粛モードか人影はありませんでした が
登って来る途中で数台すれ違いの車はありましたが数年ぶりでしたが今年も綺麗に
気まぐれを迎えてくれました。
最後に一枚綺麗なアヤメの写真をご覧下さい。
10枚までとか?なので以前みたいに多くの写真を掲載できず残念です。

Dsc_1930000
梅雨入りで大変ですが災害の無いことを祈りながら又水不足にはならないような
雨降りであって欲しいですね

 


 

2020年5月25日 (月)

息抜きに(*^o^*)

今年も早 廻りの田園は早苗が植わりまもなく田植えも終盤を迎え夜はカエルの合唱が聞こえて来ます。
コロナ騒ぎも緊急事態宣言解除のニュースが流れている夜です。

先日の新聞にこんな写真が載っていました

 Dsc_0047-1

眠っていた気まぐれ虫が目を覚ましてしまいました。

Dsc_1894


Dsc_1877

 

Dsc_1873

ついでに気になっていたところへフラフラと

Dsc_0044-1
日本棚田百選に選ばれてるよこねたんぼ

藤棚のある古刹の寺

Dsc_1861


Dsc_1860

最後に我が家のくりん草を

Dsc_0004_8


Dsc_0006_15


1111

早く自由に飛び回る事ができないかなぁ~
先が短くなってきてるのに・・・・

2020年4月29日 (水)

花の季節は来たのだが・・・

こんな田舎までもがコロナ騒ぎで大変な時を過ごしております。

そんな中ですが予約してある30Km位離れた病院の検査にかみさんが行かなければなので
運転手で付き添いをかねて出掛けました。 病院の入り口で全員が検温して病棟へ入りました
かみさんの検査も時間が掛かるので終わったら連絡をくれるとのことでなので待ち時間を利用して・・・・

Dsc_1733


Dsc_1727_20200429204701


Dsc_1717


Dsc_1714

ミツバツツジと桜の開花が進んだため池のある公園へそして足を伸ばして花ももが
咲き出したとの情報があったので


Dsc_1742


Dsc_1744


Dsc_1753

少し離れた所まで行き毎年訪れていたのですが今年は自粛モードなので慌ててシャッターを押す
そして戻るが終わったとの連絡が無いので病院近くの(中央アルプスの麓)水仙のある場所へ

Dsc_1754
バックの山は中央アルプス千畳敷方面 下の写真は南アルプス方面を遠望

Dsc_1764

Dsc_1758

明日はもう4月末 早くも5月を迎える時になってしまいましたが 
(濃厚接触)ならず毎日(農耕接触)で野菜作りや稲作の準備に
追われている私です。
皆さんもお気をつけてお過ごし下さい。

2020年3月 6日 (金)

過去の氷柱

暖冬かと言われてきましたが突然現れた新型・・・にて世の中大変な騒ぎになってしまいました
こんな田舎までもが マスクは無いトイレットペーパー・キッチンペーパー・テッシュペーパーは無い状態です
前回の続き氷柱を
1


Dsc_0870


Dsc_5674

ここは北向きの斜面 朝日が8時過ぎに当たり出しわずかな時間しか当たらないので 氷柱も溶けるのが遅い

Dsc_5667

Dsc_2003_20200306073001

 

Dsc_5861


Dsc_5876


Dsc_5861
夕方6時頃のライトアップの氷柱ですが手持ちのカメラで望遠レンズですので手ぶれの写真ですが
今から6~7年ほど前?かな

当時自宅で撮れたこんな写真がありましたが 現在では無理・・・ですね

Dsc_5528

最後に長野県のテレビ局から採用されて放送された福寿草の写真

Dsc_0015_6

新型コロナウイルス感染にお互い注意しましょう

2020年2月23日 (日)

想い出の氷柱

Dsc_0014_6

過去に何回か訪れている木曽の「白川氷柱群」
数年前に長野県のテレビ放送に採用された写真をテレビ画面をスマホで撮影

この写真は早朝御嶽山の山が赤くなるのを待ったが少ししか赤くならなかった
あの頃はまだ若かったので早起きは平気だったが・・・・
Dsc_0840  

最近は氷柱も大きくならないので数年前の写真を探し出しましたが何万枚かの撮影写真から
探し出そうと思ってもチョイ無理でしたので少しだけ

Dsc_0924


Dsc_0921


Dsc_5651_20200223083501


Dsc_5648


Dsc_5670

人物との比較で氷柱の規模を想像して下さい。幅300m高さは50m

Dsc_0880

夕方まで待ちライトアップを撮りたかったので夕方の中央アルプスを狙いました

Dsc_5808


Dsc_5849

次回は氷柱のライトアップを掲載したいです

2020年2月18日 (火)

寒(かん)の贈り物

暖冬だと言われてますが遅ればせながら少し寒い日が続きましたので出掛けてみました。
不通になっていたトンネルも交互通行の開通で行く事が出来ました。

Dsc_0006_11


Dsc_0036_5


Dsc_0012_8
木曽の御嶽山も少し雪が少なかったです。
寒さが無く遅れていた氷柱が現れていました

Dsc_0032_5


Dsc_0031_6


Dsc_0020_4

 

Dsc_0028_623
以前はもっと崖っぷちが見えないほど大きな氷柱が出来ていましたが年々小さくなってしまった
2年前の写真がありましたので

Dsc_2002


Dsc_2003

十数年前はもっと大規模な氷柱が見られていたのですが チョッピリ寂しさを感じました。

«雪が少ない