無料ブログはココログ

バラが咲き始めました

Dsc_6880

Dsc_6872

Dsc_6875

2022年5月21日 (土)

梅雨の前ぶれか

令和4年5月21日(土)

Dsc_6643

Dsc_6637

Dsc_6636

Dsc_6646

Dsc_6661

Dsc_6642

Dsc_6638
時間に余裕が出来ればこの後も写真を掲載して行きます

Dsc_6839

Dsc_6844
最近は品種改良されてクレマチスもいろんな種類が出てきてますね
むかしびとの那美は鉄線(テッセン)ぐらいしか分からないのに?

Dsc_6808

Dsc_6806
一時期オダマキを集めた頃がありました その後彼方此方に種が飛び

Dsc_6804

Dsc_6805
アイリスも咲いていますね

Dsc_6648

Dsc_6660

Dsc_6658

Dsc_6651

Dsc_6650
アヤメも

Dsc_6823

Dsc_6815

これは?Dsc_6848

Dsc_6847

又撮りためておきますので

2022年4月24日 (日)

写真を少しずつ掲載します

2022年4月24日(日)
先日から記念樹の御衣黄桜が開花していますので

Dsc_6350

Dsc_6377

Dsc_6338

Dsc_6341

Dsc_6369

Dsc_6371

Dsc_6376

Dsc_5873

Dsc_5871

Dsc_5870

Dsc_5872

Dsc_5874

Dsc_5875

Dsc_5877
体調も思ったほど回復しないまま信大病院への治療が1年立ちました
こうして生きていれるだけでも良いのかなと思いますが
カメラを置き忘れたりしながらも少しずつ撮りためてはいますが
カメラが今の私には身体の不自由さが響き重すぎて
どうしても手ぶれて仕舞い大困却

Dsc_5897

Dsc_5941

Dsc_5895

Dsc_5896

Dsc_5890

Dsc_5893

Dsc_5902

Dsc_5913

Dsc_5909
松本の信大病院に治療に行く頃満開かと思っていましたが今年の春は何かがおかしく
開花宣言の翌日には満開となり急遽出掛けてしまいましたが

Dsc_5942

Dsc_5945

Dsc_5946

Dsc_5950

Dsc_5964

Dsc_5995
昔はこの弘法山古墳の桜も建物(建造物)なども無く廻りから綺麗に見えたと思うのですが

Dsc_6017

Dsc_6003

Dsc_6005

Dsc_6000

5月の大型連休の頃満開になる藤の花が開き始めました
Dsc_6359

Dsc_6360
まぁ~何とか過ごしてます
御覧頂きありがとうございます。

2022年3月23日 (水)

気まぐれに

それは思いがけない事から始まった
南信州の浜松市境の伊那小沢駅の寒桜が咲き出したとの
情報を聞き義弟が出掛けようと誘ってくれて出掛けたのでした。

Dsc_3349
数年前に訪れた事がある山間の傾斜地にある 景勝地
この麓の山道を走っていて何気なく目に映った看板 「日本のチロル・下栗の里」

これが悲劇?の始まりとは私は気がつかなかった

ついに行って見るかと 義弟の運転席に声かける

Dsc_0772

Dsc_0773_20220323133001
そして夕方帰宅 車から降りる時にカメラが無い事に気付く

あっ あそこへ置きっ放しで帰ってしまったのですよ
さぁ~ 困った 家からは80数キロの道のりがある
今更取りに戻れない暗くなってしまう 必ずしもあるとは限らない?し

義弟が近くの施設をスマホで探し出して電話連絡するが今忙しくて
確認出来ないと・・・
まもなく「ありました」との連絡を頂くことが出来ました

良かった~~ 有難うございました
一眼レフカメラでした 私は病後その一眼レフカメラは重たいので
余り持ち出さなかったので(スマホの写真が主) すっかり忘れてしまったのです
まぁ~惚けも進んでいるのかな?

このベンチにこのように置いて

Dsc_0788
このベンチから向こうの雪山南アルプスを眺めて写真撮影しました

Dsc_5718

Dsc_5721
お陰様で大事なカメラは無事私の手元に戻りました
後日そのカメラを取りに又出掛ける事になりました
某施設の方には大変お世話様になりました

これからはカメラを頂きその後撮影を始めてからです

Dsc_0791
二本の杉の大木の間から見える景勝地  下栗の里 (山の上方にぼけて見える)
それをズームレンズで撮影
Dsc_5735

Dsc_5728

Dsc_5749
前回数年前にこの地を探したのだが行き着く事が出来ず今回探し出しました。
前回この近くまで来たが探し出せず、又のチャンスを狙ってはいたのですが

Dsc_3346
そして桜の花を求めて南下
Dsc_0800
ここは天竜川を見下ろす小高い所にある秘境駅ではあるが自動車で乗り着ける所です
Dsc_0801 

Dsc_5774

Dsc_5757

Dsc_5761

Dsc_5763

Dsc_5762
さくらの種類は寒桜 比較的早く咲き出すので遠くまで出掛けてしまいますね
そしてそのまま天竜川沿いに下り佐久間ダムを目指してしまいましたが
くねくねと道は川沿いの細い県道を 寂しくなるほど交通量は少なくなって
しかし途中で行った事の無い秘境駅が出てきて一休み
Dsc_0804_20220323173201 

Dsc_0807

Dsc_0809
佐久間ダムを造ることによりここから下流の飯田線は線路の付け替えを行いトンネルを
山の反対側へと変更した駅でした


佐久間ダムへかなり時間が掛かり到着
Dsc_0816

Dsc_0812
ダム湖は流木で水面が覆い尽くされていました
これからはいろいろな所の撮影写真を見て下さい。

Dsc_0734

Dsc_0738
中央アルプスの駒ヶ岳を駒ヶ根市から
Dsc_0758

Dsc_0753
3月になっての節分草 そして福寿草群生地 通院の帰り道に足を伸ばし

Dsc_0762
家の福寿草を
Dsc_0749

Dsc_0729
畑のニンニクも大きくなって来ましたが 雑草が凄いことに 足が悪いので
草取りも難儀です頑張らなくては
Dsc_0785

ある日の夕方我が家の木戸先から

Dsc_0746
ハウスの中のチンゲイサイの花が

Dsc_0817 

久し振りの投稿になってしまいましたが 御覧頂き有難うございました。

2022年2月13日 (日)

御神渡りは残念ながら

令和4年2月13日
今日も朝から寒く夕方からは又南岸低気圧の影響で大雪になるとの予報
先日何年振りかで大雪に見舞われたばかりなのに心配です。
松本市の大学病院の治療の帰りに諏訪湖を訪れてみました。

Dsc_5475 

Dsc_0611
毎年来てくれる白鳥の集団 昼を済ませたか?氷の上で昼寝中
皆さんが期待している 「御神渡」(おみわたり) 
諏訪湖が全面結氷して今年は4年振りの御神渡が現われるか?と期待されたが
御覧の通り水面が波打ってる
Dsc_5478

Dsc_5481
場所に寄っては結構しっかりと結氷して御神渡みたい?に見える所も
Dsc_5473
つい先日今年の諏訪湖の御神渡りは見込み無いとの発表が出され「開けの海」とのこと
4年前の御神渡の写真を探し出したので、御覧下さい。

Dsc_2110

Dsc_2109

Dsc_2132 Dsc_2123

Dsc_2121
残念でした 本当に1月は厳寒な日が続いたのですが
私もその時は何としても撮影に行きたかったのですが

大雪に見舞われました 雪かきをしなければなのですがこんな身体になってしまい
近所の方々が心配して応援して助けてくれました。感謝です

Dsc_5525 

Dsc_5528_20220213135501 

Dsc_5526

Dsc_5539

Dsc_5541

Dsc_5549

Dsc_5538
家の前から中央アルプスの駒ヶ岳方面 右手は経ヶ岳
大雪の前に咲いた福寿草と家の中のクリスマスローズ
これだけ咲いた福寿草の上には雪がかぶさってしまって重たいだろうな?
Dsc_5519

Dsc_5520
パソコンの画面でライブカメラを覗きとらえた白鳥のいる所をスクリーンショットの画面を
バックに見える雪山は北アルプス 時々 朝からパソコンの画面を覗いています。
場所は安曇野市明科町 御宝田の白鳥が来る所です 
川は信濃川上流 犀川のほとり

1_20220213135001
長野県内もまだまだコロナウイルス感染騒ぎで大変です

皆さんも気をつけて頑張ってください

2022年1月23日 (日)

厳寒な時期でも・・・・

2022年1月23日
今日も外は厳寒な信州です
先日いつものように昼食を済ませてベッドに横たわっていると
いつも気遣って顔を出してくれる
義弟が兄さん明日から雪模様だから今から気晴らしに出掛けないかと誘ってくれました。
行き先は毎年必ず訪れる木曽馬の里方面 喜んで連れてって貰いました。

Dsc_0532
いつもなら朝早くからここへは来るのですが午後なので逆光になって
スマホの画面覗いても
自分の顔が写っているだけ 適当にシャッター押して・・・

次に向かったのは厳寒期だけに現われる 川沿いの崖に出来る「氷柱群」見頃を迎えたとのこと
Dsc_0543

Dsc_0544

Dsc_0540

Dsc_0538

Dsc_0539

Dsc_0542
カメラを構えるのも辛い身体なのでスマホだけを使っての撮影だが足下は雪の圧雪で
不安定 転倒して骨折の心配が・・・
医者からもくれぐれも骨が傷んでいるので骨折の心配を言われているので・・・

Dsc_0560

Dsc_0557

Dsc_0565
切りったった山の斜面に現われた氷のカーテン 厳しい寒さが織りなす氷の造形美
氷の芸術は幅およそ250メートル、高さ50メートルにも達する
日が傾き山へ沈んで行きましたがその後も行動を続けていつも寄る木曽の桟(かけはし)

Dsc_0567
もう一箇所滝が凍って出来る 氷瀑を眺めて

Dsc_0572

家の近くからの中央アルプスの駒ヶ岳方面
Dsc_0583

Dsc_0584
ここまで書いたのですがこの後またまた昨日出掛けたので付録を

Dsc_5417

Dsc_5423

Dsc_5425
ここまでは木曽馬の里 白樺林も綺麗でした
今回は頑張って一眼レフカメラで撮影しました
前回はスマホでしたが・・・ですね

Dsc_5434
人物が写っていますが氷柱の大きさが分かると思います

Dsc_5466

Dsc_5468

Dsc_5467

Dsc_5450

Dsc_5436

Dsc_5432

Dsc_5428

Dsc_5439

Dsc_5431
長くなってしまいましたが 今の時期しか現われないので
今年は諏訪湖の御神渡の(おみわたり)の現象も期待しているようです
その時は無理してもなんて書くと怒られそうだが 

2022年1月11日 (火)

白鳥

松本市の大学病院への通院治療が始まりました
治療の早く終わった日がありましたので松本から少し離れた
安曇野の豊科町の信濃川の支流犀川のほとりに毎年来ている
白鳥に合いに行って気晴らしをして来ました。
朝家を出発するときに家の近くから中央アルプスの駒ヶ岳方面が綺麗でした

Dsc_0485

Dsc_5411

Dsc_5408

Dsc_5407

Dsc_5395
上空を飛行していたのにきずきカメラを向けたが遠くて・・・・

Dsc_5401

Dsc_5400

Dsc_5398
鴨が餌づけのおこぼれを狙っていました
Dsc_0512

Dsc_0510
バッグの白い山脈は北アルプスです
病院へ向かう途中で見える北アルプスを
朝は途中渋滞があったりするのでゆっくり撮影は出来ないので
車内から撮った写真ですが
Dsc_0499

Dsc_0491

Dsc_0500
新年を迎えましたが毎年お参りしている所へ今年は行けそうも無いので
安曇野の穂高神社へお参りして
Dsc_0516

Dsc_0515
病気の回復もお願いはして見たが聞き入れて頂けるか?
早くも我が家の玄関横の福寿草が一輪花が咲きました

Dsc_0523

Dsc_0519
まだまだ闘病生活も続きます。
ますます寒さも厳しくなると思いますが 皆様も身体に気をつけて
お過ごし下さい。

 

2022年1月 3日 (月)

今年もよろしくお願いいたします。

2022年1月3日

明けましておめでとうございます。

100020222302_20220103170901 

今年も1年間頑張って見ます。

こんな景色が待っていてくれるかな?

Dsc_4015_20220103165401

1_20220103165301

Dsc_5351_20220103165401

皆さん健康には注意して楽しい1年にして下さい。

2021年12月31日 (金)

良い年を迎えて下さい。

2021年もいよいよ最後 ことしもお世話になりましたね

皆様も良い年をお迎え下さい。
少し写真をごらんください

Dsc_5352

Dsc_5362
南アルプスの仙丈ヶ岳ですので我が地からは綺麗な全景が?見えます
中央アルプスを我が家の近くからDsc_5367

               Dsc_5368

              

これは中央アルプスでも南の地区からDsc_5334

Dsc_5330
晩秋の写真をごらんください

Dsc_5337

Dsc_5345
取り残された柿

珍しい鐘楼に吊された 吊るし干し柿

Dsc_5342

今年も1年間ありがとうございました。

 

2021年12月 5日 (日)

闘病生活6ヶ月過ぎて

今年になって優れない日が続いたけれどと 思っていたら思いがけない病に倒れて松本市の大学病院への紹介で判明
しばらく入院治療で検査など その結果が悪く1ヶ月間ぐらい入院治療をしました その後現在に至るまで通院治療中ですが

写真撮影に連れ出して呉れましたので少し掲載しました。

 

Dsc_kisouma1

Dsc_5320

Dsc_5319

Dsc_5302

Dsc_5297

Dsc_5296

Dsc_5289

Dsc_1449

 

Dsc_1448

前回投稿から丁度半年でしたのできょう久し振りにこの秋少しだけ出掛けた所ですが

もうこの身体は直る見込みは少ないのではと自分で感じているのでそれまで我張って

見ます。写真は撮影から一ヶ月以上経っていますので

«春の中央アルプスと山間の花桃